シェルモールド鋳造のための中子・主型を製造します。 自硬性等の多様なプロセスで短納期・小ロット・量産に高品質で答えます。

中子・主型加工のエキスパート

当社はシェルモールド工法を中心に各種自硬性中子・主型、鋳物製品の加工を40年間手がけてきました。
複数のプロセスを用いた鋳型製造に対応しておりますので、
お客様のご希望に併せて、最適なプロセスを提案することが出来ます。
40年の経験と実績に裏付けられた、品質管理と対応スピードが当社の自慢です。

鋳型の製造でお困りのことなどございましたら、全国どこでも対応いたしますので、是非当社までご連絡ください。

■シェル・自硬性の多様な中子・主型製造プロセスに対応します

当社は、シェルモールド以外の多様なプロセスを完備していることが特徴です。
お客さまのニーズによって、シェルモールド以外の工法を用いた鋳型制作をさせていただきます。
自硬性の鋳型制作には、フェノールウレタン自硬性(ペプセット),コールドボックス,アルカリCO2のうちから適したものを使用いたします。
それぞれの工程に経験豊富なスタッフが専従しておりますので、安心してお任せ下さい。

鋳型製造プロセスの組み合わせ

■各種プロセスについて

シェルモールド工法
シェルモールド工法は、鋳物砂であるレジンコーテッドサンドを加熱してシェル(貝殻)状の鋳型を作成し、そこに鋳湯を流しこんで鋳物を作る鋳造法です。レジンコーテッドサンドは、骨砂(主に珪砂)にレジンを被覆させたもので、流動性に富み、貯蔵安定性に優れています。

特徴

  • シェル主型を使用することにより、生型製造ラインが不要になる。
  • 乾態で流動性が良く、複雑な形状であっても容易に充てん、造形できる。
  • 通常の砂型を使用した鋳物と比較して、寸法精度が高い。
  • 鋳型の製作が容易で、同一形状の鋳物の大量生産に適している。
  • 砂を変えることによってアルミ・ステンレス・真鍮などの製品に適用可能。
  • シェル状の鋳型の為、通気性が良い。また、鋳物の不良も生じにくい。
  • 高温での強度が高いため、割れやスクワレ等の欠陥が発生しにくい。
  • 鋳型の長期保存が可能。

用途

  • 鋳物製品で精度を必要とするもの
  • 鋳肌の細やかさを必要とする製品
  • バリレスが求められる製品

see-details

主型 – 工程写真

CIMG1241-432x324
シェル主型造型機
CIMG1246-432x324
シェル主型

中子 – 工程写真

shell-inner-1-432x324
全自動シェル中子造型機
shell-inner-2-432x324
シェル中子作業
フェノールウレタン自硬性(ペプセット)
自硬性とは、常温で放置することによって自然に硬化させる造型方法及び鋳型を指します。ペプセット(アルカリ/フェノール自硬性)を主材として硬化剤には主に塩基性有機化合物を使用します。

特徴

  • 硬化のための熱加工やガス加工などの設備不要。
  • 型のみ提供いただくことで、すぐに作業に着手可能。
  • 硬化には一定の時間が必要(温度条件による)。
  • 人手による作業のため、シェルモールドと比較するとムラが出やすい。
  • 自硬性の中で最も硬化速度が早い。
  • 可使時間が長く、抜型時間が短い。
  • 内部硬化性も良く、短いサイクルで造型できる。

用途

  • 小数ロットで短納期が求められる製品
  • 試作品など、繰り返しの加工が発生する場合
  • 一定のムラを許容できる製品

see-details

主型 – 工程写真

pep1-423x324
ペプセット主型作業
pep2-423x324
全自動造型ライン(ペプセット)

中子 – 工程写真

pep3-423x324
ペプセット中子作業1
pep4-423x324
ペプセット中子作業2
コールドボックス,アルカリCO2
コールドボックス,アルカリCO2は、樹脂を使用した鋳型にガス(アミン系ガス、炭酸ガス)を使用して硬化させる工法です。型を加熱して硬化させる工法と総称してホットボックスと呼び、それと比較してコールドボックスと呼ばれます。短時間で硬化するため、自硬性よりも高い生産性があることが特徴です。

特徴

  • 短時間の硬化により、ロット製造が容易。
  • 熱加工を行わないため寸法精度が高い。
  • 鋳物の熱による形状変化が起こりやすい。
  • 型のみ提供いただくことで、すぐに作業に着手可能。
  • 人手による作業のため、シェルモールドと比べムラが出やすい。
  • 型加熱を行わないので、シェルモールドと比べ消費エネルギーを抑えられる。
  • 造形スピードが早く、生産性が高い。

用途

  • 一定数以上のロットで短納期が求められる製品。
  • 型を長期間にわたって再利用する場合。
  • 試作品など、繰り返しの加工が発生する場合。
  • 一定のムラを許容できる製品。

see-details

工程写真

cold-1-432x324
コアシューターガッシング装置
cold-2-432x324
コールドボックス作業
PAGETOP
Copyright © 2019 株式会社 都シェル工業所 All Rights Reserved.